2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

秋月キョウのHP

  • 銀涙
    秋月キョウのオリジナルBL小説を掲載しています。
  • oddoai
    秋月キョウが経営しているホームページです。小説の連載も今後はこちらで。

検索サイト

無料ブログはココログ

短編「好きで好きで痛すぎて」更新

こんにちは、秋月キョウです。

ホームページの方に短編「好きで好きで痛すぎて」を更新しました。お知らせします。

いやあ、久しぶりの更新です。またかよって感じですが、本当に申し訳ない。
今回は思いっきり衝動的に書いてしまったので、まあ、初見は「なんじゃこりゃ」と思うでしょうがよかったら見てやってください。

本当はカップルふたりだけの意識で書こうかと思ってたんですが、途中であんまりにもリョウスケくんが不憫だったので、最後の方に言いたいことを言ってもらいました【笑】


ちょうど「GOOD LUCK」の再放送と、アニメ「京騒戯画」の第一話見てたら無償に書きたくなりまして。

「GOOD LUCK」のキムタクと柴崎コウの直球な、でもじれじれな恋愛とかキュンとします。堤さんと黒木瞳さんの大人の空回りとかも大好きです。
「京騒戯画」は、もう全面的に明恵です。パパ明恵も薬師丸の明恵も大好きです。石田さんと鈴村さんってところが、もう!【笑】


あ、こっからどうでもいい、私のアニメの感想話になるので興味ない方は飛ばしてください。


秋月はアニオタなんですが、最近、アニメ話を出来る場所がないのでこちらをお借りして。

前期ではみなさんの流行にもれず、「進撃の巨人」にハマってました。私はアニメって、まず作画から見ちゃう方なのですが、「進撃」の作画はやばいですね。立体起動装置の時の動きときたら。きっとリヴァイ兵長はスタッフ泣かせだったにちがいない。

キャラとしてはリヴァイ兵長かなあ。ミカサのヤンデレ具合もすばらしくよかったし、ジャンの唯一まともな人間観がリアルでよかったなあ。マルコ追悼。もちろん、例の「死に急ぎ野郎」も大好きです【笑】

で、今期はですね、やっぱり「黒子のバスケ」の2期が来たのは大きいです。「黒バス」はキャラが多いので、だいたい一人は好みの子がいるんじゃないでしょうかね。ちなみに、私は高尾くんです。あのちゃらちゃらしてんのに、試合で真剣モードになるギャップがいいですね。

よく思いますが、私は腹に一物あるキャラクターってすごい好きみたいです。なのに、なんでうちの小説キャラはヘタレばっかりになるんだろう。きみたち、もうちょい男を出しな【笑】


はー、ちょっとすっきりしました。またそのうちアニメネタとか無駄に書くかもです。そんなものより小説を書けよって話です。

ではでは、今日はこれくらいで。

お題小説、短編更新しました

こんにちは、秋月キョウです。

本日はホームページoddoaiにて、お題小説シリーズの2本と単発の短編を1本、アップしましたことお知らせしておきます。

お題をお借りして「10年来の恋だから」という年の差、恋愛小説を書いてみました。
年の差、いいですよねえ。ど直球で単純な年下に、大人で世間体を気にしちゃう年上が苛立つという構図も好きです。
今回はあまりシリアスにならずにシリーズ化できそうです。のんびり更新しますので、またどうぞよろしくお願いします。


で、単発の短編「ツンデレーション」の方ですが、昨晩いきおいあまって一気に書き上げてしまった、完全趣味の小説です【笑】
ついでに言うと、ツンデレーションという用語はありません。なんかの造語だった気がするなあ。
ツンデレにはべたべたに甘やかすキャラより、少し意地悪なキャラを組み合わせたくなる今日この頃【笑】。
秋月の趣味なので軽く読んでいただけると助かります。


次はおそらく「きみシリーズ」の更新になるかと思います。
ゆっくり更新しますが、気長にお付き合いいただくとうれしいです。

それでは今日はこの辺で。

その瞳に映るモノ 第9話-③と後日談 更新

お久しぶりです、秋月キョウです。

ホームページoddoaiの方に、小説『その瞳に映るモノ』第9話-③と後日談を更新しましたことお知らせします。

そうです、今回、この更新で『その瞳に映るモノ』完結とさせていただきます。

長い間、のろのろ運転で走ってきましたがようやく完結しました。
本当にいつもおまたせしまくってすみませんでした。それでも、続けて読んでくださった方、一目でも気にとめてくださった方々、本当にありがとうございました。

秋月にとっても、サキとスグルのふたりは思い入れの深いキャラクターたちです。
印象の良くない出会い方をしたふたりでしたが、辛い人生を背負ったサキもこの出会いによって少しずつ変わっていき、最後には幸せにしてあげることができたと思います。

後日談もおまけでつけてみましたので、良かったらご覧ください。
今後も、もしかしたらなにかの機会で短編のような形で、ふたりと再会することもあるやもしれません。そのときはまた、サキとスグルをよろしくお願い申し上げます。

それでは、あとがきにかえて皆さまへの感謝をこめて、ここに『その瞳に映るモノ』の完結とさせていただきます。




補足ですが。
5月19日から20日にかけてアップロードのトラブルにより、一時的にホームページが表示されないことが起こりました。現在は復旧していますが、その期間にサイトをご覧になった方にはご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。

«きみシリーズ 「知らないきみ」「きみの知らない私」up

スポンサードリンク


goole adsense